生活習慣改善で、脇のにおいはだいぶ軽減されます

生活習慣改善で、脇のにおいはだいぶ軽減されます

夏冬に関係なく、人間は汗をかきますが、脇の汗とそのにおいは気になるもの。
女性ならなおさらです。

 

 

汗には、においのする汗と、においのしない汗があり、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2つの汗を出す器官から汗は分泌されます。
「エクリン汗腺」は、運動や体温の上昇等、通常私たちがイメージする際に出る汗を指します。

 

 

一方、「アポクリン汗腺」は、脇などに存在しますが、脂質、たんぱく質、アンモニアなどの常在菌を分解することで、脇のにおいが発生するという仕組みです。
「アポクリン汗腺」は、なんと、人によって量や数が違うということが分かっています。

 

 

ということは、その数の大小がわきがになるかならないかの境目となるわけです。
遺伝が関係しているのです。

 

 

自分がどうか見分ける方法として、「アポクリン汗腺」は耳にも存在しますので、耳垢が湿っている人などは、汗腺の数が多い可能性があります。
また、油っこいものや肉類の取り過ぎ等、不規則な食生活やアルコールの飲み過ぎタバコ、過度なストレスなど、日々の生活がわきがに繋がることもわかっていますので、健康の面からも、基本的な生活習慣の見直しも必要です。
では、どうしたら、わきのにおいを抑えることができるのでしょうか。

 

 

それには、「アポクリン汗腺」によるにおいの元となる、「常在菌」を少なくすることが一番効果的でしょう。
要は菌の繁殖を抑えるということになります。
最近では、さまざまな制汗グッズが販売されています。

 

 

ポイントは、においが発生する前に、汗を抑えることにあります。
汗をかいてきたなと感じたら、まずはふき取りをしてみてください。
水で洗う、あるいはコットンなどの湿らせたもので、軽くふき取ります。

 

 

脇の汗腺は、以外にも刺激に弱いため、ごしごしこすっては、かえって逆効果となる場合もありますので、注意しましょう。
この方法であれば、外出先でも対策可能です。

 

市販の制汗剤を利用する場合は、無臭タイプのものをおすすめします。
というのは、香りつきのものでは、においがキツくなる場合もあるからです。

 

対策をしっかり行うこと、生活習慣改善で、脇のにおいはだいぶ軽減されますので、心がけてみてください。