男は犬と猫の中間で管理するのが一番いい

男は犬と猫の中間で管理するのが一番いい

さて、多くの女性が頭を悩ませる「男」という生き物についてどのように扱えば良いのかを具体的に説明します。

 

 

恋愛情報は様々な雑誌や本などに取り上げられていますがそういったものはあまり役には立ちません。なぜかというと、女性からみた男について書いている場合が多いからです。本当の男の生態を理解しようと思うなら男からみた男の解説を読む必要があります。

 

ですから、男からみた男の取扱説明書を作成しました。まず、男というものは非常に単純な生き物であるという点はよく知られていることです。ですから、コツさえ掴めば世の中の男の70%は管理することが出来ます。

 

まず、大切なものは管理方法です。管理方法というのは男との距離感の話です。男は犬と猫の間がいいという話を聞いたことがありますか?これは私の理論ですが、犬は多くの場合首輪をつけます。男は首輪をつけられるとその首輪をはずしたがります。最初は首輪をつけていますが徐々に首輪をはずして逃げようとします。ですから他に女を作ろうとするのです。

 

猫は多くの場合首輪をつけていません。何処にいくのも自由です。束縛してはいけないと男を首輪もつけずに放し飼いにしておくのは非常に危険です。多くの場合他に女を作ります。ですから、犬と猫の中間で管理するのが一番いいのです。首輪をつけるときとはずしてやるときの両方をバランスよく行う必要があります。

 

この点を踏まえて、男をうまく管理するためのポイントは3つです。適度に褒めてやること。適度に自由を与えてやること。適度にエロを与えてやることです。

 

よく女性はめんどくさいと言われますが男もめんどくさいのです。男は適度に褒めてやることが大切です。なぜなら、男は褒めて貰えないと拗ねるのです。精神的に幼いのです。ですから、適度に小さなことでも褒めてあげましょう。男は喜びます。
そして、先ほども書いた通り、適度に自由を与えましょう。縛られれば縛られるほど男は逃げようとします。適度に自由を与えましょう。

 

適度にエロを与えてあげましょう。男の頭の70%はエロで構成されています。ですから、適度にエロを与えてやると喜んであなたに懐くでしょう。

 

ただし、気をつけなければならないのは、与えすぎは良くないということです。食べ過ぎればふとるのと同じです。褒めすぎると調子に乗ります。自由を与えすぎると、よそに女が出来ます。エロを与えすぎると身体だけの関係になります。適度に与えるのがいい女の条件です。