バストアップするための自宅でもできる筋トレ方法

バストアップするための自宅でもできる筋トレ方法

人間生まれつきバストというのはおおかた決まっているものであって、
特に特別なことをしなくても、胸が大きい人や小さい人など、
女性によって体質が様々な人がいます。

 

自宅

 

こういったバストに関することは生まれつき先天性のあるものであって、
後天的にバストを増やすことは現実的に難しいという見方がありましたが、

 

長年の研究によって自宅でも胸のトレーニングをしっかりと行うことによって、
後天的ながらもバストアップが見込めるという研究結果がでるようになりました。

 

筋肉トレーニングによって筋肉から成長ホルモンを分泌させて、
その分泌された成長ホルモンがバストアップを促すという人体の仕組みを利用した、自宅でもできるバストアップ方法です。

 

詳しくはこちら⇒ピンキープラス 口コミ

 

日本人の女性の多くは筋トレといったウェイトトレーニングを嫌がる傾向が多いかと思いますが、
女性はホルモン上の関係からいくら筋トレをしても、

 

男性みたいに筋肉質になりにくい傾向があります。ですのでバストアップを目指したいと思うのなら、
胸の筋肉を中心としたトレーニングをしっかりと行ってバストアップできるホルモンをしっかりと分泌させることが重要になります。

 

それでは具体的に胸の筋肉を鍛えるにはどういった筋トレを行えばいいのかを解説していきたいと思います。

 

まず普通の腕立て伏せがありますが、
これを6秒かけて行うようにしてください。

 

もし腕立て伏せがきつく感じるのなら膝をついた状態でも構いません。

 

とにかく従来の腕立て伏せにかける時間を2倍ぐらいかけることによって、
筋肉にかかる負荷を増やしていくことがこのトレーニングのミソになります。

 

筋トレというのは何も重たい重量を上げ下げしている時にだけ、
成長ホルモンが分泌されるわけではありません。

 

筋トレの動作をゆっくりと行なうことによって筋肉に掛かる負荷を増やすことでも。
成長ホルモンが分泌されるようになります。

 

 

胸回りの筋肉を鍛えることによってその部分に成長ホルモンが分泌されて、
バストアップと同時に胸の筋肉が引き締まるのでバストの形を整えることもできるようになります。

 

エステや施術などを無理に行わなくても工夫次第では、
筋トレによるバストアップが見込めるというわけです。